野崎 剛右

デン・ハーグ王立音楽院修士課程を修了

2021年12月13日情報更新

野崎 剛右

リコーダーレッスン

1回60分 5,000円 など

野崎 剛右 のざき こうすけ
Kôske Nozaki

東京生まれ。東京藝術大学古楽科卒業。デン・ハーグ王立音楽院の学費免除でバロックリコーダーの歴史的運指の研究を行い、同音楽院修士課程を修了。文化庁新進芸術家海外研修制度の研修員としてパリ国立地方音楽院で学び、2019年に審査員満場一致でコンサーティスト・ディプロムを取得。これまでにリコーダーをセバスティアン・マルク、ライネマリー・フェアハーヘン、ダニエル・ブリュッヘン、吉澤実、山岡重治の各氏に師事。

国内では、24回に及ぶ自主企画公演をはじめ活発な演奏活動を行ってきた。吉澤実氏の「ラ・ストラーダ」のメンバーとして2009年 NHK『趣味悠々』に出演。NHK、教育芸術社、新学社などの学校教材の制作、模範演奏録音の収録に協力している。ギタルラ社東京古典楽器センター、東京リコーダー協会講師。

欧州では、主に室内楽でオランダ、ベルギー、フランス、セルビアをはじめ各地の古楽音楽祭に出演。オーケストラでは、ヴェルサイユ宮殿のオペラ・ロワヤル、シャペル・ロワヤルなどで演奏する。2020年からは Ensemble La Rêveuse (仏)の『うぐいすと皇帝』”Le Rossignol et l'Empereur de Chine”、『ル・コンセール・デ・ゾワゾ』”Le Concert des Oiseaux”の2つの公演でフラジオレット兼リコーダー奏者を務め、主にフランス国内各地で演奏するなど、世界でも数少ないフラジオレット奏者、また歴史的バロック運指に精通するリコーダー奏者として活動を広げている。

第26回国際古楽コンクール<山梨> 入選。
第10回KOBE国際学生音楽コンクール管楽器部門 第2位。
東京藝術大学音楽学部同声会新人賞。

ヴェルサイユ在住。


【学歴】
オランダ、デン・ハーグ王立音楽院古楽科リコーダー専攻修士課程をディプロマを得て修了。
フランス、パリ国立地方音楽院リコーダー専攻、審査員の満場一致で演奏家ディプロムを取得。
東京藝術大学音楽学部器楽科古楽・リコーダー専攻卒業。
長野県立小諸高校音楽科リコーダー専攻卒業。
現在、ヴェルサイユ地方音楽院でバロック・ミュゼットを、オベールヴィリエ地方音楽院でバロック・バスーンを学ぶ。


【受賞歴】
第26回国際古楽コンクール<山梨> 入選
東京藝術大学音楽学部同声会新人賞
第10回KOBE国際学生音楽コンクール管楽器部門 第2位
全日本リコーダーコンテスト 独奏部門で花村賞のほか、重奏、合奏の各部門で多くの金賞を受賞している。


【SNS】
Twitter: https://twitter.com/Koske_NOZAKI
Instagram: https://www.instagram.com/nausalassis/
Facebook: http://bit.ly/2UiXJng

お問い合わせ・最新情報はこちらから

_