渡邉 英一

幅の広い音楽性に定評がある

2021年11月13日情報更新

渡邉 英一

ギター・ウクレレ・DTMレッスン

1回 40分 4,290円 など

渡邉 英一 Eiichi Watanabe

【プロフィール】
高校時代にエレキギターを手にし、在学中からライブハウスなどで演奏活動を始める。 卒業後ギターを廣木光一に、ジャズ史を高柳昌行に師事。 幅の広い音楽性に定評があり、現在、自己の「渡邉英一TrioIII」のほか「あかいくつ(福島紀明)」など 数々のバンド、セッションなどで活動中。また、楽曲制作、管楽器を中心とした小編成から弦楽器、和楽 器までも含むビッグバンドなどのアレンジも手掛けている。

【 これまでの主な共演者】
古澤良治郎ds (淺川マキ、渡辺香津美、向井滋春、本田俊之、忌野清志郎、吉田美奈子、三上寛、他)
Paul Jackson b (Herbie Hancock、Char、他)
村田陽一tb (椎名林檎、福山雅治、小野リサ、渡辺貞夫、David Sanborn、Michael Brecker、Ivan Lins、他)
青木タイセイtb (熱帯JAZZ楽団、菊池成孔、UA,他)
津上研太as (菊池成孔、渋谷オーケストラ、綾戸智絵、他)
渡辺隆雄tp (忌野清志郎、つるの剛士、Original Love、他)
植松孝夫ts、外山明ds、加藤真一b、水谷浩章b、松本健一ts、佐藤史朗acc、佐野康夫ds 等々

【これまでの主な参加作品】
<DVD>
舞台版「東京タワー オカンとボクと、時々オトン」 舞台音楽のギター

<CD>
「まぼろしの猫たち」(TrioIII) 2009/March
「THEME I」(aCae) 2009/Nov
「KARAPPO」(Planetarium) 2012

<楽曲提供>
京浜急行沿線案内タッチパネル用楽曲
富士急ハイランド・{FUJIYAMA}(初代)
第1回 ワールドカップ・バレーボール挿入曲(マニュピレーター)

ほか教材多数


【対応楽器】
ギター
ウクレレ
DTM(Windows:SONAR、studio one)

【ひとこと】
生徒様のモチベーション・興味を引き出せるよう、 題材になる曲は生徒様のやりたい曲を極力使用するよう努めています。 その曲を弾くのに必要な知識・技術を優先してレッスンし、今出来ることとそうでないことを分け、なぜできないのかもお伝えしてます。

お問い合わせ・最新情報はこちらから

_