新原 輝美

ドイツ国立デトモルト音楽大学院を卒業

2021年10月4日情報更新

新原 輝美

フルート・オカリナ・リコーダーレッスン

1ヶ月 60分2回 10,000円 など

初めまして!講師の新原輝美(にいはらてるみ)です。

中2からフルートを始めて、武蔵野音大に入学。卒業後、もっと上達したいとドイツ留学。ドイツでは一番卒業試験の厳しい国立デトモルト音楽大学院を卒業しました。帰国後に本格的な演奏活動と共に、Terumiフルート・オカリナ・リコーダー教室を開講。また中学・高校の先輩のおススメで、オカリナ、リコーダーなどの演奏もするようになりました。そして2020年前半はコロナの影響で3月から演奏の仕事が皆無になり時間が出来たので、上野星矢氏企画の第一回東京国際フルートオーディションにチャレンジし、400名以上の応募者の中から、1次・2次審査を経てファイナリストになりました。

私自身、フルートが上達するのに色々と苦労したので、教えるノウハウは沢山持っていると自負しております。生徒さんには、コツをつかんで上達して頂き、楽器を吹くのがより楽しくなって、楽器が大好きになり、長く吹き続けて頂きたいです。そして楽器を吹くことで、より彩り豊かな人生を送りませんか?

【PROFILE】
武蔵野音楽大学卒業。在学中、福井直秋記念奨学金を得る。日本フルート協会主催、「フルートデビューリサイタル」出演。国立ドイツ北西デトモルト音楽大学院に留学。在学中にドイツ・ホーエンハウゼンで 行ったコンサートでは、“聴衆に深い感銘を与えた”とリピッシェ・ルンドシャウ新聞に評される。同音楽大学院を最優秀の成績で卒業。帰国リサイタルを行い、好評を博す。大阪いずみホールにてコンツェルトをロイヤルチェンバー オーケストラ(故堤 俊作指揮)と共演。トッパンホールデビューコンサートオーディション合格、コンサートのライヴ録音がBSデジタル放送で全国オン・エアされる。その他札幌・ラジオノスタルジア、BSC301、湘南ビーチFM等に出演、その他多数のケーブルTVにもライヴ模様がオンエアされる。横浜みなとみらいホールにおいて、第3回(”日本におけるドイツ年”参加公演)に続きドイツ連邦共和国大使館の後援を得て第4回リサイタル"フルート&ハープの響宴”開催、好評を博す。播 博、ローラント・コヴァーチ、三上明子、リヒャルト・ミュラー=ドンボワ、フェリックス・レングリ、西田直孝、ジャズフルートを井上信平の諸氏に師事。またM.デボスト、J.M.タンギー、M. M.コフラー、A.ニコレ諸氏のマスタークラス修了。

現在は、後進やブラスのパート指導、リコーダー・オカリナ・鳥笛・鍵盤ハーモニカ等も演奏し、国内各地でソロ・室内楽・オーケストラ等、精力的な演奏活動及び様々なコンサートの企画・提案も行っている。逗子開成中高・港南台高校・鎌倉高校・七里ガ浜高校・葉山南郷中学他でブラスのフルートパートの指導経験有り。元ヤマハPMS講師・元ずし市民企画講座委嘱オカリナ講師他。

公益財団法人川越市施設管理公社KFP登録アーティスト
2020年第一回東京国際フルートオーディションファイナリスト

【使用楽器】
フルート/ムラマツ18K,ピッコロ/P.Hammig,
リコーダー/Mollenhauerオリーヴ材&TAKEYAMAヒノキ材
オカリナ/Tiamo

【資格】
中学及び高等学校Ⅰ種教員免許 ベビーセラピスト協会認定リトミックインストラクター資格

お問い合わせ・最新情報はこちらから

_