山崎 綾子

ピティナ指導者賞受賞

2021年10月8日更新

山崎 綾子

ピアノレッスン

1ヶ月 30分3回 9,000円 など

福島県二本松市出身。 6歳よりピアノを始める。 国立音楽大学器楽学科ピアノ専攻卒業。 聖徳大学大学院音楽文化研究科博士課程前期課程修了(成績優秀により日本学生支援機構奨学金返還全額免除)。

ピアノを神野香成子、高尾茂治、竹山悠紀子、菅野雅紀、斎木ユリ、米谷治郎、岩野めぐみの各氏に師事。 パイプオルガンを川越聡子氏に師事。 ライアーを小泉典子氏に師事。 ルドルフ・マイスター、ジョルジュ・ナードル、ノエル・フローレス、ヴォルフガング・ヴァッツィンガー各氏のピアノレッスンを受講。

レ・スプレンデル音楽コンクール第6位。 海外音楽大学マスタークラス派遣助成オーディション準合格、奨学金を得てウィーン国立音楽大学マスタークラスに2度参加。軽井沢合唱フェスティバルにおける浅井道子氏の伴奏法公開レッスンにモデル受講生として参加。東京オペラシティでのジョイントリサイタル等、ソロで様々な演奏会に出演する他、声楽・器楽・合唱のアンサンブルピアニストとしても数多く活動。演奏会やパーティーでの演奏のほか、福島県立福島女子(現・橘)高校合唱団、東京大学柏葉会合唱団、慶應義塾大学混声合唱団楽友会、一橋大学コールメルクール、第九を歌う会、Gaia Philharmonic Choirなどのピアニスト、オペラシアターこんにゃく座での稽古ピアニストを務める。リトミック研究センターディプロマB取得。

2015年5月には東京・代々木にて「赤ちゃんからのコンサート」を共催。500人以上の観客を動員、好評を博す。以後、名古屋市内および近郊にて同コンサートを毎月開催。リトミックとクラシックピアノ名曲コンサートを組み合わせたプログラムで、毎回満席となっている。 その活動は2015年12月の中日新聞朝刊にも大きく掲載された。 2016年および2017年3月、岡崎市シビックセンター主催事業「コロネットリレーコンサート」に出演。 2016年4月から「ママと赤ちゃんの音楽サロン」「1歳からのピアノの会」を名古屋市内にて開催。

2018年9月からは「本物の音遊びで聴く耳と感受性を育てるリトミック教室」「国立音大卒アンサンブルピアニストが教える0歳から通えるピアノ教室」を開講。

2018年、愛知ピアノコンクール大学・一般部門銀賞。 2019年、第1回多治見音楽コンクール大学・一般部門銅賞。 2021年、第11回日本バッハコンクール(オンライン大会)一般B銅賞。 2021年、ピティナ・ピアノ曲オーディション入選。

2019年よりドイツに拠点を移し、【ドイツ在住のピアニストと練習できる オンラインピアノ教室】及び【ドイツ在住のピアニストが教える 0歳から習えるオンライン音楽教室】を主宰している。

2021年、ピティナ指導者賞受賞。(海外指導者の受賞は史上初) 指導歴16年。

お問い合わせ・最新情報はこちらから

_