加藤 綾子

演奏活動は古典から新作、即興演奏まで

2021年12月7日情報更新

加藤 綾子

バイオリン・即興演奏レッスン

1回30分 3,300円 など

ヴァイオリニスト。2つのヴァイオリンによる音楽プロジェクト《ムジカコスモス》メンバー。

演奏活動においては、古典的レパートリーから新作、即興演奏まで幅広く行う。また、YouTubeなど各種プラットフォームでコンサートや音楽映像を制作・公開し、オンラインでの音楽活動を積極的に模索している。

2019年1月25日、デビュー・リサイタル《コンプレクス。》を開催。音楽WEBマガジン「メルキュール・デザール」に批評が掲載されるなど、WEB上で反響を得る。

2020年4月27日には、J.S.バッハ作曲「無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ BWV1003」と、演奏者自身による完全即興演奏を交えた1st アルバム《BAN》をリリース。

他方、ピアノとヴァイオリンのための二重奏作品も多くレパートリーとしており、2018年5月~2019年7月まで、ピアニストのための室内楽講座《福士恵子アンサンブルクラス》の演奏および講師を務めた。

2021年夏、ベルギー・ナミュールの音楽院「IMEP」修士課程を修了し、ディプロムを取得。現在は日本に完全帰国している。
ヴァイオリンを佐近協子、瀬戸瑤子、沼田園子、安永徹、マーク・ダネルの各氏に師事。

お問い合わせ・最新情報はこちらから

_