佐々木 実美

ハンガリー国立リスト音楽院修了

2022年3月8日情報更新

佐々木 実美

バイオリン・ビオラレッスン

1ヶ月 30分2回 6,600円 など

【コース】
バイオリン
ビオラ
ピアノ


【教えられること】
ヴァイオリン ・ヴィオラの基礎知識や基礎練習、奏法、音楽理論。 ピアノ初級。


【プロフィール】
鹿児島県鹿児島市生まれ。 松陽高校音楽科、東京音楽大学、同学大学院科目等履修生、ハンガリー国立リスト音楽院卒業・修了。

霧島国際音楽祭マスターコース、ぎふ・リスト音楽院マスターコース、フィンランド・スオラハティ国際音楽祭マスターコース、フィンランド・ロヒアミュージックサマーキャンプ・マスターコース、ニューヨーク・サミット音楽祭講習会修了。

2009年 日本・ハンガリー友好50周年記念演奏会にオーケストラメンバーとして出演。
2010年 フィンランド・ロヒア音楽祭オーケストラ演奏会にてソリストをつとめる。
2011年 駐日ハンガリー大使館主催大使館コンサートに出演。
2012年 ブダペスト・スプリングフェスティバルに参加。ヴェスプレーム市・ドホナーニ音楽学校におけるスペシャルコンサート、リスト音楽院・フレンドシップコンサート10周年記念演奏会に出演。
2014年 ベルリンフィルハーモニーホールにて行われた東京・ベルリン友好都市提携20周年記念第九演奏会にオーケストラメンバーとして出演。 ぎふ・リスト音楽院マスターコース20周年記念マスターコンサートに出演。
2015年、鹿児島で開催された第30回国民文化祭提案事業として、鹿児島のメンバーを中心に結成したプロ弦楽オーケストラ、ムジチ・ディ・サツマーレ結成記念演奏会を開催。
2017年2月、大阪府堺市の第200回VIEW21ランチタイムコンサートに出演、同年6月より大阪の若手実力派室内オーケストラ、セレーノ・チェンバー・オーケストラの第2ヴァイオリン首席として定期的に関西でも演奏している。

ソロ、室内楽、オーケストラ、スタジオレコーディングと日本全国、または欧米で幅広く活動を展開。ヴィオラ奏者としても活動、ジャズやポップスのサポートなど他ジャンルでの活動も展開、キッザニアや三越伊勢丹をはじめ企業案件での演奏も多い。 また南日本音楽コンクール審査員や山野楽器等における後進の育成と指導にあたり、ヴァイオリン演奏の普及にも務めている。

これまでにヴァイオリンを井上啓子、原田太志、江藤俊哉、ゲルハルト・ボッセ、景山誠治、東彩子、サバディ・ヴィルモシュ、高木和弘の各氏に師事。また薩摩琵琶・錦糸流を中川鶴女氏に師事。

日本リスト音楽院楽友会会員。日本弦楽演奏家連盟認定メンバー。 アンサンブル・アンクラージメンバー、LiveDeliプラチナプレーヤー。


【先生からのコメント】
ヴァイオリンは最も難しいとされる楽器の一つです。しかしだからこそ奥深く、飽きの来ない楽器とも言えます。 読譜、左手、右手、それぞれのトレーニングを正しいやり方で継続的に行う事で、効果的にテクニックを習得できますが、なにより必要なのは根気強さと好きな気持ちです。 ゼロから始める方も、さらにステップアップを目指す方も一緒に楽しく上達を目指しましょう!

お問い合わせ・最新情報はこちらから

_