中迫 酒菜

古楽器などを使った対位法的な曲作りが得意

2021年12月13日情報更新

中迫 酒菜

和声法・対位法・音楽理論レッスン

1ヶ月 3回レッスン 質問無制限 11,000円

作編曲家
中迫酒菜 / Nakasako Sakana


1989年生まれ、愛知県出身、埼玉県在住の作編曲家・楽器奏者。

古楽器や民族楽器をフィーチャーした対位法的な曲作りが得意。
ボイスドラマやライブラリー用BGM、ゲームやショートムービーなどの作曲や演奏を担当。
VTuberへの楽曲提供、Youtubeへの演奏動画の投稿などでも活躍中。

楽器のコレクションが趣味で、現在では300を越える楽器を所有。楽器を紹介する活動を行う。
中世~ロマン派に使われていたピリオド楽器に明るく、レコーディングでも多数使用。ピリオド楽器初心者向けレクチャーなども行う。

「いい感じでお願いします」という要求に応えるのが日々の仕事。


【来歴】
幼少期よりさまざまな楽器に触れる
名古屋芸術大学音楽学部音楽文化創造学科サウンドメディアコース中退
作曲・対位法・オーケストレーションを菅沼克裕氏に師事


【主な活動歴】
ソーシャルゲームやVRゲームなどへの楽曲提供
さまざまなオーケストラ団体への委嘱作品や編曲作品の提供
ゲーム等のレコーディングに参加
VTuberへの楽曲提供
YouTubeへの楽曲投稿
自主制作CDは50枚以上
楽器の魅力を伝えるためのライブや公演等
楽器学の研究や、楽器製作等

お問い合わせ・最新情報はこちらから

_