音楽オンラインレッスンのメリットとデメリット




音楽オンラインレッスンを対面レッスンと比べた時のメリットとデメリットをまとめてみました。


オンラインレッスンのメリット


・遠方の方とレッスン出来る。

オンラインレッスンであれば世界中あらゆる場所に住んでいる講師のレッスンを受けることが出来ます。憧れていた音楽家からレッスンを受けられるかもしれません。ぜひこちらのデータベースからあなたに1番合う講師を見つけてください。


・移動時間がかからない。

これはとても大きな違いです。たとえば対面レッスンの時に月に2時間を移動に使っていたとすると、オンラインレッスンにすることで年間で24時間の移動時間を節約できることになります。


・交通費がかからない。

高額ではないかもしれませんが、長い目でみると大きな金額になってきます。


・レッスンの回数を増やせる。

交通費と移動時間がかからないので、生徒も講師もレッスンを入れやすくなります。短いレッスンをたくさん入れることも出来ます。レッスンとレッスンの間隔が短くなると、モチベーションを保ちやすいです。また、生徒さんがレッスンとレッスンの間に間違った練習を続けてしまうことも少なくなります。


・楽器や楽譜を持ち運ぶ必要がない。

楽器や楽譜を持ってレッスンに行くのは大変です。特に天気の悪い日などはとても気を使います。オンラインレッスンであれば、大事な楽器を家に置いたままでレッスンを受けることが出来ます。


オンラインレッスンのデメリット


・通信の遅れがあるので、講師と生徒のアンサンブルが難しい。

通信の微妙な遅れのせいで、講師と生徒が同時に演奏するのは難しいです。動画を送ったりして補うことが出来るかもしれません。また、Syncroom を使うとこの問題は解決出来ます。


・マイクを通した音しか聴くことが出来ない。

楽器の響き方など、細かいニュアンスは実際に生で聴かないと分からないかもしれません。それでもオンラインレッスンでアプローチできる要素はとても多いです。他の要素が向上することで、響きなども良くなっていくと思います。


・家で音を出すのが難しい場合がある

ドラムや管楽器などの方は家で音を出すのが難しい場合があります。そんな時は電子楽器を使うという方法があります。また、もしかしたらネットワークの環境が整っているスタジオやカラオケからレッスンを受けることも出来るかもしれません。

オンラインレッスンだけでも十分楽しく上達していくことが出来ます。それに加えて講師側から適切な工夫があると、さらにレッスンの質は上がっていきます。ぜひオンラインレッスンで音楽生活をさらに楽しくしてみてください。