魅力的なオンラインレッスンのウェブページを作る方法



音楽オンラインレッスンデータベースでは、オンラインレッスンの情報を数多く掲載しています。そのため、たくさんの音楽教室のウェブページを拝見しています。


教室ごとに個性があってとても面白いのですが、素敵な先生なのにページの作り方がもったいないと感じることもあります。もし生徒さんの集まりが悪いと感じている場合は、以下の点を改善すると良いかもしれません。



必要な情報を分かりやすく書く

ページを訪れる方がすみずみまで見てくれるとは限りません。レッスンの内容・レッスン料金・レッスン時間・講師のプロフィールはすぐ目につく場所に書いておきましょう。


得意な分野や、こだわっている部分をはっきりアピールする

同じ楽器を教える場合でも、講師によってレッスンの内容は大きく異なります。1番得意な部分やこだわっている部分をはっきりアピールしましょう。 オンラインレッスンは全国の講師の方からレッスンを受けることが出来ます。「この楽器を教えます」と書いてあるだけだと、その中から選ばれるのは難しいです。講師のこだわりは他の多くの講師との違いになり、選ばれる理由になります。



写真はきちんとした格好で撮って、大きいサイズで載せる

実際に会わずに講師を探すので、写真での印象は本当に大切です。素敵な格好をして、画質の良い写真をアップしてください。写真が小さかったりだらしない格好をしていると、信頼していいのか判断しづらくなってしまいます。



動画があると良い

特にオンラインでレッスンしている場合は動画があると良いです。きちんとした動画をアップされている先生は、オンラインでも快適なレッスンをしてくれそうです。



実際にレッスンを受けている生徒さんの感想を書く

生徒さんからの感想があると、実際にレッスンを受けた後の様子が想像できます。インターネットで飲食店を探している時に口コミを参考にする方は多いと思いますが、それと同じです。 レッスンの感想を改めて現在の生徒さんに聞くことで、普段のレッスンを見直す良い機会にもなるかもしれません。頑張って掲載してみましょう。